スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無我夢中に走ってたらいつのまにか新幹線と併走してたことよくありますよね






いやっふいやっふ!!お久しぶりです^P^←






近況情報。










彼氏と別れました。













そして、今別の人と付き合っています。












ちょっとその話は置いておいて。











今日は少し真面目に私の将来の夢について綴りたいと思います。











私の将来の夢。











大まかに、2つあります。










1つは、世界に出て多くの人を助けられる脳外科医になるということ。











私の夢は、元々は消防士になるということでした。










この夢を抱いたのは、私が3歳の時。









なんだ、ただの子供の戯言か、と感じる方もいるかもしれません。









でも、私は本気でした。










その夢は、小学5年生の時までずっと揺らぎませんでした。










なぜ、そんなに消防士に執着していたのか。










それには理由がありました。











3歳の、消防士を志した日の前夜。










私の家の目の前のお家が火災に見舞われ、その一部始終を私は見ていました。











窓から吹く火と、その窓から身を乗り出して助けを求める女の人。










その女の人は、亡くなりました。











私は、母親に抱きかかえられて只只見ていることしかできなかった。











炎に恐れ、震えることしかできなかった。











今の私なら、どれだけ危険だと言われてでも水を被って助けに行っていたと思う。










そんな無力な自分が悔しくて、絶対に消防士になろうと決めた。














目の前で私は見殺しにしたんだって思っていた。












なんか今考えたら、今の私自身よりも3歳くらいのころの自分のほうがしっかりしてた気が(笑)









そんな私は、小学5年生の春に突然、医者になりたいと言い出しました。










その日は、夕御飯を食べながら世界の火災特集を見ていました。











しかし、只の火災特集ではなかった。












レスキューと救急のコラボ番組。











一瞬で私は白衣の世界に引き込まれてしまいました。













レスキューの隊員が救出した患者さんを手術する先生。












その方が、今の私が尊敬する、福島孝徳先生。











脳外科医の先生。












先生の手術を受けるまで痛みに顔を歪ませ、苦しんでいた患者さんが











先生の手術を受けて包帯を取った後の満面の笑顔。











私は・・・この笑顔を守りたい。












私は、この先生についていきたい。












あっという間に、消防士という夢から脳外科医という夢に。












小学5年生、単純(笑)










それでも、一時は消防士の資格も医師免許も取るつもりでいたりしました。











諦め切れなかったんですね。7年も、追い続けていた夢だったので。











そんなこんなで私は今、脳外科医になることを夢として、









実現させなければならない1つの自分との約束として










その過程を踏んでいる真っ最中です。













たくさんの人に支えてもらって。











だから、頑張れます。











やってやるんです。











1番の敵は、いつでも、どんな時でも、ただ一人。












自分なんです。













自分といかに勝負できるか。いかに、騙せるかが勝負。










・・・って、思ってます。










うひゃぁ~^P^










もうひとつの夢。












大好きな人と、幸せな家庭を築くこと。












いつでも寄り添っていたい、愛する人と。












私の家庭がそんなに仲良くないから^^;













他にもいっぱい理由はあるけど、ここまでにしておきます!












それでは、ばいばいちゃっ☆











私今、とっても幸せなんですよ~*^^*













スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

間違えてスポンサーサイトの広告クリックしたらブラクラだったぞどうしてくれる

『自分との戦い』なんて寝言を僕はほざいてほしくないな

力が弱い者や持たざる者はすぐにそういうことを言い出すんだぜ

いわゆる敵には勝ち目がないからなのか

いくらでも融通の利く自分との戦いを始めてしまうんだ

だけどそれは大いなる欺瞞で

それは絶対にやっちゃいけないことなんだ

自分は味方だよ

信頼すべき己を敵としてしまったときこそ

人は真の敗北者になってしまうのさ


自分を敵に回してしまうから頼るべき者がなくなって

誰かに支えてもらいたいと他人を頼るようになる

大事なときに自分を信じられない誰かに助けを求めたがってしまう

それは弱さだ

そんな人間が手術室に立つことがましてや医者になることができると思うのか?

何クリックしたんだよおバカ(笑)


んー・・・

小野の言うそれもわかる。わかるんだけど。

私は、自分を頼るとホントに自分自身を甘やかしちゃうんだよ。

最終的には自分を認めなきゃ何もできないってわかってるんだけどね。

でも、それはほんとに最後の最後でいいと思ってる。

それまでは、自分に厳しくしないと遊んじゃうってわかってるからこそ、自分を敵に回すんだよ。

いつもありがとね、小野*^^*


プロフィール

sayayan*

Author:sayayan*
さてさていらしあです(・ω・*)

わたくしの日常を只々綴る日記です^^

高校3年生やってます。

よろしくお願いします!*><*

最新記事
最新コメント
l*・ω・)チラ
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
来てくれてありがとです!*><*
(・ω・)♪<つぶやくなう

つぶやくと花の色が変わります

(*>▽<*)<つぶやくなう!!

てんとう虫がうろちょろします

みんな来てね!!*^^*

フォロワー増えると人が増えます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。